日本も今は対象

ハーグ条約が日本でも適用になって(なったよね?)、今は勝手に自分の子供でも外国へ連れ出してはいけない。
これは国際結婚によるもので、日本人同士の子供を片方の親が
外国に旅行に連れていく、、は問題なんですが、
そうじゃない場合は「勝手の連れ出してる」と判断されかねないので、
何かそうではないという証拠を持参した方がいいんですって。
例えば、お母さんが外国人と結婚して外国に住んでて、
そのお母さんと子供だけが日本に少しだけ帰る、って場合、
お父さんの「こういう理由で子供と母親だけ旅行してます、僕も承知してます」
と書いた手紙とか。
面倒ですが、これがないと、怪しまれたらアウトです。

他には、知り合いは家族で撮った写真も持ってるって言ってました。
写真だけでは効力はないかもですがね。
とにかく、離婚していても子供を外国に連れ出すのは犯罪になる可能性もあるのです。
だからアンジェリーナ・ジョリーとブラピの子供たちも勝手に外国には行けないのです。
18歳とかの大人になったらいいんですけどね、あそこは子供が全員18とかになるには
まだ時間かかるしね。

親の持ち物

もし親が高齢で、お亡くなりになったら、、、その遺品の整理は家族がするのですが。
モノが多いとなにから手を付けていいのか分からない。
私は親戚の遺品の整理をしたことがあるけど、どこまでが捨てていいものなのか分からず困った。
血筋の近い人に聞いても、私の判断でいい、というし。
でもなにからなにまで捨ててもな、、tってことで困ったのを覚えています。

それでも、あまりにも持ち物が多いので、とっておいても誰も使わず、そして価値もないとなったものは処分しました。
だいたい、高価なものは「近い人たち」がすでに持って行っているのだ。
ようするにガラクタの整理をしたというわけ。
でもその親せきを知らないわけじゃないし、すぐにスッキリしすぎてしまうのもおかしいでしょ。
最初は戸惑いました。

それが親になったら、、、どういう気もちでそれをしたらいいんだろう。
なにもかもが宝じゃないか。
生きてる間にもう巣kp氏片づけておくように親にいうつもりだ。
それも心が痛いけど、、やんわりと。
そして、自分だって後の人が困らないようにしなくちゃな、、って思いました。
真面目な話です。

キャロットケーキ

特にニンジンが余ってたわけではないのですが、急にキャロットケーキを作りました。
タマゴもあったし、ってとこかな。
ニンジンをすりおろす手間はあるけど、キャロットケーキってその名前からしてなんだかヘルシーなイメージもあっていいですね。
他のものよりは」たべがいがあるし、罪の意識も少ない(!)。
もちろん砂糖は少なめで、甘さ控えて。
それを」食べる時はティーかコーヒーか悩むとこだけど、ま、th-が多いかな。
手作りはやっぱり美味しいです。

野菜のケーキで他にあまり思いつかないけど、野菜ではないけど豆腐のケーキも美味しいね。
明日あたり作ろうかな。

野菜か、、、何がぁるだろう、、、うーむ、、思い当たらない。なにかある?
シフォンケーキに抹茶を入れることはありますね、でもお茶は野菜かって話だ。

そう考えるとキャロットケーキってすごいね、独り勝ちだ。
あれに白いクリームをかけるのは好きではないけど、シンプルなものなら毎日でもいいな。

スコーン

スコーンって、アメリカとイギリスと形が違うんですよね、定義も違うのかな。
スタバで見る三角形のがアメリカ式、丸くて縦にふっくらしてるのがイギリス式。
どちらもそれぞれの美味しさがあります。

三角形のアメリカしこの方がぱさぱさしてる。
あれをコーヒーにつけて食べるのがいいのかな?
だからスタバには必ずあるのか?
他に食べたいものがない時はつい買ってたけど、、実は美味しくな胃とひそかに思っている。
どうなんだろうか、、、世間の評判は。

あれよりも、イギリス式の丸い方がまだ美味しいと思う。
バターとジャムを付けたら食べられる、、あれもぱさぱさしてるのは変わりない(?)のだ。
いや、、ぱさぱさ感はアメリカ式の方がすごいかな、、クッキーみたいだもんね。
あれがアメリカ式なのだ、って言われたらそれまでだけど。

スコーンはイギリス式が美味しいと思います、アタイ、、、。
スタバでもイギリス式を、、ってカスタマーサービスに言っても、、無視されるんだろうか。。

柔らかいご飯

柔らかそうな、ふんわーーりしたご飯の写真を見て、うわぁ、美味しそうーー!ってなりました。
食べたかったのでしょうねー、その時。もちろん今も食べたいですが。

そこにはちょっとしたおかずももちろん載っていましたけど、ご飯だけ目に入った。
おかずもすべてやわらかそうでした。
野菜だけでのベジタリアン。
とっても美味しそう。

あんなのを毎日日替わりで出されたら惚れるなーー。
結局は料理、、、胃袋をつかむといいよね。
(ってなんの話だ)

さて、柔らかいご飯を炊くには、もちろんお水の量を増やせばいいのでしょうけど、
コメの朱里によってはただのべちゃべちゃなものにもなってしまうんですって。
適正なお水の量というのはあるようです。

今うちにあるお米はタイ米みたいなもので、柔らかく炊いてもちょっと違うものになるので出来ないのですが、
柔らかく炊けるお米、というのがあったら買いたいなー。

そしてあんな写真を撮って自己満足したいです。
あくまでも自己満足。

固いご飯が好きな人もいるしね。
かくいう私も、普段は固いご飯が好きなんですよーー。不思議なものです。

食料の買い出し

コロナの影響で外出禁止の命令が、国から出るところが多かった時、
ジローラモさんのお母さんはスーパーに行こうとして罰金を払わされたとか。

外出する時には申請用紙を持っていなくてはいけないらしいのですが、
ダウンロードしなくてはいけなくて、、、お年寄りにそんなことが出来るはずもなく。

家にパソコンすらない人もいるし、紙を出そうにもプリンターのない家だって多いはず。
日本でなら紙で出そうとしたらコンビニって手があるけど、
コンビニに行くまでに捕まる可能性がある。
どうしたらいいってのだ。

食料を買いに行かなかったら死んでしまう。

本当に家の中にずっといたら精神的におかしくなってしまうーー。

ってことで、罰金はちょっとかわいそう!!
政府もいろいろな事を考えてほしいーー。

そうじゃなくて、本当に遊び感覚で外出してる人を取り締まるべきだー。
って、ここで大きな声でわめいてもしょうがないんだろうけど。

さんまちゃんの愛

明石家さんまちゃんは、ムスメが大好き。
とはいえ、連れ子だったお兄ちゃんも大事にしてます。

娘は言わずと知れたIMARUさんですが、「雛人形はわざと遅くしまった」というほど、
結婚してほしくなかったらしい、、、
というよりも、ムスメに彼氏が出来る事自体が許せないらしい。
かわいい父親ですねー。

あんなお父さんなtらいいよねー。
(うるさいかもだけど)

まわりが、ムスメと彼氏の目撃情報をあかすと
「うそつけ!」「ハンサムやないわ!」
などというらしい、、、かわいい。笑。
ところでIMARUさんって結婚してるんですっけ?まだか。。よく知らないのです。

誰かと噂になったか、結婚したか、、なニュースの記憶がありますが、気のせい?
すみません、、こういうことにうとくて。

フェイスブックのメッセージ

メッセージが来てますよ、ってメッセージが入るけど、
あけても「どこに??」な、フェイスブック。
わからないからそのままにしてるけど、「誰が」まではわかるから、
別ルートで「なんだったの?」って聞くと
「知らない」って人もいる。
勝手に流してる??笑

よくわからないけど、そういうことで、本当にメッセージを流す人もいるけど、
でも、そんなにすごいことでもない。
フェイスブックでメッセージしなくても他の方法でいいんだから、
あまりフェイスブックを活用してない人にとっては「???」なだけですね。

便利だって言う人は、駆使してる人。
普段使ってないから、「別に・・・」(エリカさま風)です笑

でも、時々はいいことまおるから、フェイスブックもたまには見ますし、たまには投稿もしますよーー。
これでいいかな、ザッカーバーグさーん!

法律を逆手に、、味方に。

映画「私のなかのあなた」でも見られるように、法律ってありがたくもあり、
残酷でもある。、。。でも、味方にしてしまうと、こんないいものはないのだ。

どうやったらこれが出来るのかも不思議なんだけど、
旦那さんのお姉さんが嫌いで、いつもいじわるをされていた人が、
義理のお父様がなくなる少し前に、お父さんと養子縁組をしたんですって。

そうすると、このお父様には、
おねえさん
旦那さん
自分
の、3人の子供がいることになって、遺産相続の時、お姉さんには1/3しかいかなくなる。

もちろんお姉さんは怒ったそうですが、どうしようもない。
法律ですからね。
無効だ!っていう人もいるでしょうけど、この時はそうしなかったか、
諦めたらしい、、、これ、この奥さんの賢さです。
法律はゆるぎがないのだ。

そのためにも、法律ってある程度勉強していくとか、
いざとなったら法務局に聞きにいけるように準備しておくとか、
とにかく何かしておかなくてはいけない。
かなしいことでもあるけど、大事なことなのです。

立地が条件

外国で泊るホテルは、立地も条件の1つ。
いいところは高いけど、ゲストハウスなどの安いところを狙えば、立地がよくても安いところはあります。
暑い国や地域に行く時はエアコンは必須です。
朝食込みも必須。
もっといえば冷蔵庫が、共同でもあるところ、がいかな。
いろいろ書いてますけど、インドネシアではこういうの当たり前で、
これで一泊1000円くらいであるんです。
そりゃ、ラクジュアリーなところがおノゾミな人はダメかもですが、、
でもね、あんがい、ラクジュアリーなんですよねー。

エアコンはあっても使わない時もあります、でもね、ねんのために。
なくて、夜中に暑くて眠れない、ではね、困りますし。

ということで、立地だけじゃなくて、設備も重要なのでしたーー(笑)。
というか、立地よりも設備かも。

ぎゃくにいえば、立地によって設備は変わる、ともいえるかな。

立地が悪いと、窓の遮断とかも必要です、うるさくて眠れないなんて嫌だー。

静かなところではのんびりしたくなるので、だったら冷蔵庫があった方がいいな、となるわけです。
部屋でゆっくりしたいからね。

あとは値段とかと相談して考えます。
今も、ある国に行こうといろいろ探っているところです。
こうしてる時が一番楽しいですね。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク