そうだったっけ?と思ったこと

あの有名人は、なにで亡くなったんですっけ?
で、調べてみたら、「あー、そうだった・・・っけ??」手な感じで、
今ってガンで亡くなる人が多いのですが、どこのガン、だったかまでは記憶になくて困っています。
それだけ多いってことでもありますね。

政治家のアベシンタロウさんもそうでした。
かも、スティーブ・ジョブズもすい臓がんです。
そういえば、彼、、、最後はとても痩せてしまっていましたね。

星野監督も、でした。

そうだっけ??って思いながら調べてみたら、結局「そうだったのね・・・」って感じで、悲しい。

西城秀樹さんも、、、かな。
しらべたら、、「そうでした」・・・・泣
好きだったなー・・・・・泣

、、、やめろっといわれてもーーー!・・・って、やってたなーー。
彼はバリ島も好きで、家を持っていました。今はどうなっているのやら。

とにかくm、こんなふうに「何で亡くなったんだっけ?」って思う事が多くありますが、
多くはガンだってことがわかります。
自分も、いつそうなるか分からないのですよね。
健康に歯きをつけて、何でも早期発見、が大事だって、肝に銘じておきましょう。
助かるものも助からなくなりますからねー。

まだ暗いうちから

お日様が昇ってくるのが遅くなったとはいえ、まだ暗いうちから起き出して朝食をとり、
仕事をし出す、、、こんなことがもう何年も続いています。

朝早く起きるのは習慣なので苦にはなりませんが、
すぐに仕事しはじめる、、というのがなんとも辛い。
もっとこう、、、ゆーーっくりお茶などして、
ゆーーーっくりしてから何かしはじめる、、ってのが夢だなーー。
性格上、できないですけどね。
忙しいのが好きですが、それにしても忙しすぎて困ります。
余裕がない。
いろいろな意味で。

そして、暗くなってくるのも早いのですが、暗くなったら仕事は終わり、でもなく、
今度は「暗くなってもまだ仕事」な状態。
これは精神的にまいりますねーー。

暗いうちから仕事、、これはいい、。好きだし。
でも、暗くなってもまだ仕事、、は困る。

暗くなrってきたらお風呂にゆっくり入って寝たい。
または、ゆっくりと美味しいものを作って、ゆっくりと食べたい。
そのどれもができないこの生活、、、いいわけがないのだ。

ハマの・・・

今、ちょっと興味があるのが「ハマのメリーさん」について。
伝説、っていわれているけど、目撃談が多い実在の人です。

ハマ、といわれているのは、当然あの横浜に現れていたから。
メリーさんも横浜を愛していたのだ。
そしてまた、横浜だからこそメリーさんが生きてこれたのではないかなと思う。
ヨコハマの人は優しいよね。
それに、人々に愛される素質が、メリーさんにはあったはずなのだ。
なんだか最近は、メリーさんの直筆の手紙も見つかっている。

もともとメリーさんも線背負うのなかを生きていて、戦争の犠牲になった人のひとりなのだ。
結婚を誓った将校さんが帰ってこなくて、ハマに立ち続けたのだ。

なんていう人生なんでしょうね。
ある意味憧れます。

娼婦が消えていったはまで、メリーさんだけが生き続けた。
70代になっても娼婦をし続けた。
真っ白に顔を塗って。

外国人しか相手にしてなかったけど、そうもいっていられなくなって、日本人にも。
でも、身なりの良い人しか声をかけなかった。
プライドがあったのだ。

ヨコハマを愛する人にとっても、ヨコハマに愛された人にとっても、
メリーさんそしてヨコハマっていい街なんだろうなーって、
ヨコハマには縁もない私は思います。
ヨコハマに行きたくなったし!

クレーマー

クレーマー、っていうのは、クレームばかり言う人のこと、だと解釈してるけど、
1つでも言う人のこと、として書いていきます。
ハンドメイドのものを販売してて、売れたとして、そこにクレームが入ったらしいのです。
それだけでも落ち込むけど、内容がひどい場合もあるらしい。
ひとりの、1つのクレームでも「クレーマー」って表現してました。

なかには悪質なのもあって、同業者が、人のものをつぶさおうと、
または注文が入らないようにわざとクレーム書く人がいるみたいです。
嫌ですねー。

そんなことしなくても自分の作品は売れていくように努力したらいいだけのこと。

クレーム書いて、星(評価する単位)に何もつけないとかして、
まわりをつぶそうとする、、、これ、まず人間としてどうなの。
これだからサイトの評価って好きじゃない。

でも、もし自分が買う立場だったら、読むかもですね。
そこに悪い事が書いてあったら買いたくなくなるかな。

本来は自分が気に入って納得したら買えばいいだけの話ですけどねー。

世の中にはいろいろな人がいます、本当に嫌なことしますよ。

自分はやめましょう、そして、そんな人がいても自分に自信をもってやっていけばいいのだ。

あるもんだねー。

地元で、石、、、天然石のお店ってないのかなって思って検索したら、
なんとありました、お店です。
怪しい「パワーストーンで売らないします」的なのじゃなくて、
ちゃんとしたお店です。
あるもんだねー。

でもちょっと不便なところにあって、行くかどうかは分かりません。

よく行ってたイオンの中にもありました。
あるもんだねーー(笑)。
普段は気が付かないで通り過ぎていたんだろうなー。
今度行ったらじっくり見てみますーー、あそこなら行きやすい!
そう、、お店って難しいね、いいものがあったとしても行けないところだと、、行けないわけ。
近く、とか、行くのに便利なとこなら行ってしまう。
お店を出す時はそこも考慮、ですかーー(誰が店出すっちゅうの!)。
とにかくありました、ないと思ってたので。
それらのお店、もちろんオンラインでも購入は出来るけど、私はこの目で見てから買いたいのです。
色合いが違ったりするから。質感もね。
しかも、行ける日が定休日だったりするとそれもショックなので、
定休日がないような(!)、、そんなのが理想。笑
働く人には地獄です、わかってます。
でもしょうがないのです、そんなもんです、お客なんて。
私はれっきとしたお客なのです、、、買うかどうかは置いといて(!)。

甘いケーキ

久しぶりに少し甘いケーキを少しだけ食べました。
家族が食べてるのを少しだけもらうのですが、あまり甘いものが好きではないのに、
食べてるのを見て「少しちょうだい」って笑

疲れているんですよ、甘いものが食べたくなるなんて。
でも美味しかった、美味しく感じた。
身体が欲してる時にそれを食べることくらい美味しく感じる事はありませんね。
たくさん食べると今度は身体の拒否反応がおこりそうなので少しだけ。
(普段食べ慣れてるわけではないから)

レストランに行って、スリー・コースの時の最後のデザートはいつもいただきません。
でも家族は頼むので、その時に「ちょっとだけちょうだい」って食べる事は
今までにもあったのですが、今回は自宅で、でしたのでね、
家族もたいへん驚いていました。
珍しいね、、って。
病院行ったら?とも。
そこまでじゃないぜ、、って話ですが。
でも疲れているのは確かです。疲れていると甘いものが食べたくなるといいますが、
そんな時なんだと思われているのだ。確かだけど。
ちょっと身体を休めて、こんな心配されないようにしなくちゃね。
周りの皆が心配してくれるのがなによりのオクスリです。
ありがとうございます。

主婦層、厳しい

あのベッキーに対しての世間の主婦の人達は厳しいですねー。
彼女が悪いわけではないと思うけど、、、。
自分が結婚してることを内緒にしてた相手の方に非があると思うよ。
それでも、いつまでも言われてしまうんですねー、結婚してもなお、、というか、よりいっそう?
不倫したら結婚してはいけないのか?
「また不倫するんだ」「不倫されるんだ」って、大きなお世話では?
いい事なんだし、祝福してあげようよーー。
相手の人も長年ベッキーのファンだったらしいしね、良かったじゃないですか。
そんなふたりなら仲良くやっていくでしょう。

主婦層が厳しいのは、自分は奥様側だから。
これは理解できます。
ただ、そんな主婦層だって不倫してる人、いっぱいいるでしょ?
ベッキーだけがなぜ叩かれるのか?
彼女は、もうすっかり謝罪もしたし、嘘ついたことも認めたし、
しばらく謹慎して、金銭的にも世間的にもすっかり責任は果たしたと思うよ。
反省もしてる。
来いはしていいと思うし、その先に結婚があっただけの、ごく自然なものです。
祝福ですよ。
そしたら自分にも祝福がやってきます。そう信じたい!

ジャングルブック

ぇうが「ジャングルブック」を見ました。
アニメではなくて実写版で、とはいってもほとんどコンピューターグラフィックスで出来ていて、
それはとても精巧でした。
男の子は人間で、CGとそのことの絡みでとったようです。
うまかったですよーー。

お父さんは男の子と旅をしていましたが、獣に襲われて
自分の息子をとっさに隠し、殺されてしまいます。
助かった男の子はその後オオカミによって育てられていきます。

オオカミによって育っていきますが、自分は人間なのだっていう自覚はあって、
なぜか英語をちゃんと話します笑

映画でも動物たちも英語を話します。

動物は火が怖いので、人間はよく日を使って動物を追い払いますが、
その火を手に入れたら大自然界をわがものに出来ると思っ大きなサルが
男の子を手に入れます。
そこから逃げ出して、大自然ななかに戻る、、、というようなストーリーです。

なかなかうまく出来ていて、言いたいことも伝わる映画でした。

昔からあるけど、実は本も読んだ事がなかったんですよねー。
いい映画を見ました。

ホテルの値上がり

バリ島のホテルがどんどん値上がっています。毎年どんどん上がってる。
観光客は多いし、ホテルもどんどん建てているので競争がはげしくて、
だったら下げたらいいのにどんどん上がる、、どういうことだ。
それで質がいいならまだしも、変わってないか下がってる、、、怒りたくもなるでしょ。

高いならもっと質の良いサービスとか、食事の質を上げるとか!
このままだと相当バリ島へ行く環境客は減っていくのではないか?
多くなることを見越してるかもだけど、逆効果だと思うぞ。
飛行機代も上がってるのにさ、どうやって維持していくのだ観光業界を。
観光客がいなかったらバリ島はダメなんだから、もっと観光客のことを考えてもらわないとね。

ホテルだけじゃないんです。
いろいろな物価も上がっています。
バリ島で優雅に暮らしたい、なんて移住した人も今は泣いてるんじゃないかなー。
ビジネスを始めた人だって、相当頑張らないとライバルだらけです。
もちろんうまくいってる人もいますけどね。
日本人はだいたい仕事してますが、皆さんどうも見た目はうまくいってるっぽい感じがします。
ホテルが上がってるし、その日本人がやってるビジネスも上がっているんだろうなー。
日本人相手だとしたら、サービスよくして頑張っているのかなー。

とにかく、いち観光客として言いたいのは、もうこれ以上ホテルの値段を上げるなーー!
です。

ルドラクシャ

ルドラクシャを身に着けているといい事があったり、病気が改善されりするらしく、
だったら、ってことで買った人が周りにたくさんいます。
それでなにがどうなったのか聞きましたところ、

セキが出なくなった
宝くじに当たった

などありました。
こじつけかもしれませんけど、いいじゃないですか、こじつけでもなんでも。

デモか科学的には本当に、血圧が安定したりとかあるようです。
素材にもよるみたいですけど、ホンモノであればなんらかの良いことが起こるみたい。

ということで、私も見に付けてみることにしました。
まだ持っていませんが、なにか作ってみたい。
身に着けることでいい事がぁ起こるので、アクセサリーになりますね、どうしても。
何がいいかなー。
数にもよるか。
(ルドラクシャは信用のおけるところから買います)

そうそう、ニセモノも多いのです、気を付けましょうね。

ニセモノの見分けかたもいろいろあるようです、見ずに浮くのはニセモノ、
でも最近は水に沈むニセモノも開発(!)されたようです。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク