あるもんだねー。

地元で、石、、、天然石のお店ってないのかなって思って検索したら、
なんとありました、お店です。
怪しい「パワーストーンで売らないします」的なのじゃなくて、
ちゃんとしたお店です。
あるもんだねー。

でもちょっと不便なところにあって、行くかどうかは分かりません。

よく行ってたイオンの中にもありました。
あるもんだねーー(笑)。
普段は気が付かないで通り過ぎていたんだろうなー。
今度行ったらじっくり見てみますーー、あそこなら行きやすい!
そう、、お店って難しいね、いいものがあったとしても行けないところだと、、行けないわけ。
近く、とか、行くのに便利なとこなら行ってしまう。
お店を出す時はそこも考慮、ですかーー(誰が店出すっちゅうの!)。
とにかくありました、ないと思ってたので。
それらのお店、もちろんオンラインでも購入は出来るけど、私はこの目で見てから買いたいのです。
色合いが違ったりするから。質感もね。
しかも、行ける日が定休日だったりするとそれもショックなので、
定休日がないような(!)、、そんなのが理想。笑
働く人には地獄です、わかってます。
でもしょうがないのです、そんなもんです、お客なんて。
私はれっきとしたお客なのです、、、買うかどうかは置いといて(!)。

甘いケーキ

久しぶりに少し甘いケーキを少しだけ食べました。
家族が食べてるのを少しだけもらうのですが、あまり甘いものが好きではないのに、
食べてるのを見て「少しちょうだい」って笑

疲れているんですよ、甘いものが食べたくなるなんて。
でも美味しかった、美味しく感じた。
身体が欲してる時にそれを食べることくらい美味しく感じる事はありませんね。
たくさん食べると今度は身体の拒否反応がおこりそうなので少しだけ。
(普段食べ慣れてるわけではないから)

レストランに行って、スリー・コースの時の最後のデザートはいつもいただきません。
でも家族は頼むので、その時に「ちょっとだけちょうだい」って食べる事は
今までにもあったのですが、今回は自宅で、でしたのでね、
家族もたいへん驚いていました。
珍しいね、、って。
病院行ったら?とも。
そこまでじゃないぜ、、って話ですが。
でも疲れているのは確かです。疲れていると甘いものが食べたくなるといいますが、
そんな時なんだと思われているのだ。確かだけど。
ちょっと身体を休めて、こんな心配されないようにしなくちゃね。
周りの皆が心配してくれるのがなによりのオクスリです。
ありがとうございます。

主婦層、厳しい

あのベッキーに対しての世間の主婦の人達は厳しいですねー。
彼女が悪いわけではないと思うけど、、、。
自分が結婚してることを内緒にしてた相手の方に非があると思うよ。
それでも、いつまでも言われてしまうんですねー、結婚してもなお、、というか、よりいっそう?
不倫したら結婚してはいけないのか?
「また不倫するんだ」「不倫されるんだ」って、大きなお世話では?
いい事なんだし、祝福してあげようよーー。
相手の人も長年ベッキーのファンだったらしいしね、良かったじゃないですか。
そんなふたりなら仲良くやっていくでしょう。

主婦層が厳しいのは、自分は奥様側だから。
これは理解できます。
ただ、そんな主婦層だって不倫してる人、いっぱいいるでしょ?
ベッキーだけがなぜ叩かれるのか?
彼女は、もうすっかり謝罪もしたし、嘘ついたことも認めたし、
しばらく謹慎して、金銭的にも世間的にもすっかり責任は果たしたと思うよ。
反省もしてる。
来いはしていいと思うし、その先に結婚があっただけの、ごく自然なものです。
祝福ですよ。
そしたら自分にも祝福がやってきます。そう信じたい!

ジャングルブック

ぇうが「ジャングルブック」を見ました。
アニメではなくて実写版で、とはいってもほとんどコンピューターグラフィックスで出来ていて、
それはとても精巧でした。
男の子は人間で、CGとそのことの絡みでとったようです。
うまかったですよーー。

お父さんは男の子と旅をしていましたが、獣に襲われて
自分の息子をとっさに隠し、殺されてしまいます。
助かった男の子はその後オオカミによって育てられていきます。

オオカミによって育っていきますが、自分は人間なのだっていう自覚はあって、
なぜか英語をちゃんと話します笑

映画でも動物たちも英語を話します。

動物は火が怖いので、人間はよく日を使って動物を追い払いますが、
その火を手に入れたら大自然界をわがものに出来ると思っ大きなサルが
男の子を手に入れます。
そこから逃げ出して、大自然ななかに戻る、、、というようなストーリーです。

なかなかうまく出来ていて、言いたいことも伝わる映画でした。

昔からあるけど、実は本も読んだ事がなかったんですよねー。
いい映画を見ました。

ホテルの値上がり

バリ島のホテルがどんどん値上がっています。毎年どんどん上がってる。
観光客は多いし、ホテルもどんどん建てているので競争がはげしくて、
だったら下げたらいいのにどんどん上がる、、どういうことだ。
それで質がいいならまだしも、変わってないか下がってる、、、怒りたくもなるでしょ。

高いならもっと質の良いサービスとか、食事の質を上げるとか!
このままだと相当バリ島へ行く環境客は減っていくのではないか?
多くなることを見越してるかもだけど、逆効果だと思うぞ。
飛行機代も上がってるのにさ、どうやって維持していくのだ観光業界を。
観光客がいなかったらバリ島はダメなんだから、もっと観光客のことを考えてもらわないとね。

ホテルだけじゃないんです。
いろいろな物価も上がっています。
バリ島で優雅に暮らしたい、なんて移住した人も今は泣いてるんじゃないかなー。
ビジネスを始めた人だって、相当頑張らないとライバルだらけです。
もちろんうまくいってる人もいますけどね。
日本人はだいたい仕事してますが、皆さんどうも見た目はうまくいってるっぽい感じがします。
ホテルが上がってるし、その日本人がやってるビジネスも上がっているんだろうなー。
日本人相手だとしたら、サービスよくして頑張っているのかなー。

とにかく、いち観光客として言いたいのは、もうこれ以上ホテルの値段を上げるなーー!
です。

ルドラクシャ

ルドラクシャを身に着けているといい事があったり、病気が改善されりするらしく、
だったら、ってことで買った人が周りにたくさんいます。
それでなにがどうなったのか聞きましたところ、

セキが出なくなった
宝くじに当たった

などありました。
こじつけかもしれませんけど、いいじゃないですか、こじつけでもなんでも。

デモか科学的には本当に、血圧が安定したりとかあるようです。
素材にもよるみたいですけど、ホンモノであればなんらかの良いことが起こるみたい。

ということで、私も見に付けてみることにしました。
まだ持っていませんが、なにか作ってみたい。
身に着けることでいい事がぁ起こるので、アクセサリーになりますね、どうしても。
何がいいかなー。
数にもよるか。
(ルドラクシャは信用のおけるところから買います)

そうそう、ニセモノも多いのです、気を付けましょうね。

ニセモノの見分けかたもいろいろあるようです、見ずに浮くのはニセモノ、
でも最近は水に沈むニセモノも開発(!)されたようです。

1年留学

時々耳にする「xか月留学」とか「1年間の留学」って言葉。
その多くは英語習得なのですが、1年でどこまで習得できるのか。
まず、相手の言っている事がわかるようになるのに1ねんはかかると思う。
最初は何言ってるのかさえ聞き取れない。
それでもめげなかったらいいけど、たいていはめげてしまって机にかじりつく。
文法なんか勉強したって聞き取れる用にはならないのだ、なれるしかない。

それで日本に帰国すると、「ちょっと分かった」感じになって花が高くなる。
でも上級者からしたら「え??」ってなる。
その程度です。
本人んモやる気によってこれは差が出るけど、だいたいはこんな感じ。
なのでやるならとことんやってほしい、1年どこかへ行っただけでは英語は理解できるようにはなりません。
厳しいけど現実なのです。

日本の子供は自分の部屋にこもってしまいがち、ってステイを引き受けてるマザーが言ってたことがあります。
積極的に外にでないし、すぐに部屋に引きこもるって。

日本では自分の部屋は自分の部屋だけど、欧米では「寝るためにある部屋」なだけで、
そこでひとりになる、などという考えない。
だからこの高度は奇妙に見えるものです。
だから英語が出来るようにならない、ともいえますね。

皆と一緒にいないから聞きとりが成長しないのです。
2年いても5年いても同じです、だから、、積極的に外にでましょう!
部屋に引きこもるのは「おやすみなさい」の後でいいのです。

朝のコーヒー

私は朝にコーヒーを飲む習慣はありませんけど、コーヒーを飲むとしたら
胃の調子が悪い時、飲みたくなるので飲む、とか、
どこかに行ってホテルに泊まったりした時、に飲みます。

なんていうかどこかへ行くと朝はコーヒーなんですよねー。

ところが先日、ホテルでコーヒーを飲んだら、その日は胃がキリキリしてたんです。
我慢出来ないほどではないけど、でもなんとなくコーヒー(カフェイン)かなって。

思えば昼間もコーヒー飲みすぎたり、飲みすぎなくてもなんか身体に合わない日は
頭が痛くなったり胃がむかむかしたりします。

なのでコーヒーはもともと身体に合わないんでしょうね。
じゃあ飲むな?って漢字ですが、飲みたくなる時もあるし、何も問題ない時の方が多いんですよ。

家には結構なコーヒーマシンがあって家族が入れてくれますし、
飲みたい時は入れてもらって飲みます、それは美味しくいただけます。

もしかしたらインスタントものとか、ホテルの水とコーヒーの相性が自分と合わないとか、
そういうのもあるのかもですね。

コーヒーは普段あまり飲まないので、そんな人がたくさん飲んだ日はよくない、とも聞いてるので、
逆の発想で毎日飲めばいいのかも??とも思ったり(おいおい)。
飲みませんけどね、そもそもそんなコーヒー好きではないし。
皆さんも気を付けてくださーい。

借金

あけましておめでとうございます。
今年もよい1年でありますように祈っております。

お正月からこんな話?ですけど、借金について。
なんでも、とてもはぶりのよかった時代に生きてきた人が、そうでなくなってから親族から借金の依頼があったそうなんです。
はぶりがいい時のままそのそぶりをしていたので、さぞやたくさん貸してくれるに違いないと思われていたけど、
実は借金したいのはその人のほうで、
まいったな、、、という状況で、
案の定親族からは「なんだそれっぽっち」みたいな中傷を受ける事になったんだそうです。

そんな無理をしなくても「実はうちも火の車なんだ」と正直に言えばいいのだ。

おかしなプライドは人間を破壊させるね。

または、借金の依頼あがっても断ればよかったのだ。
それもプライドが許さなかったのかもだけど。

ないものは出せないですよね。

そうなったらもうプライドを捨てるか、保なら自分も借金をしてまで貸してあgwるかのどちらか、かな。
アホらしい。

こういうお金がらみのことで家族というのは崩壊か、
または絆が強まるんだろうねー。
借金なんてないに限る!

金髪美人

テレビを見ていたら、いわゆる金髪美人さんがレポーターとして働いていました。
髪の毛が綺麗でした。
レポーターの中身より髪の毛が気になってずっと見てた笑
どうしてあんな綺麗なんだろう、なにしてるんだろう、って。
テレビに出るから綺麗にした、では、あんな綺麗に出来ないと思うのです、
やはり普段からの努力のたまものでしょう。
だとしたら何してるんだろうってね。
まっすぐで長い髪でした。

カール(パーマ)していてもツヤがあって綺麗な人もいるので、いったい何してるのか、マジで聞きたくなる。
シャンプーだけではないでしょうねー、定期的にプロの手も入ってるのかな、
聖子ちゃんみたいに。

食べ物とか、若さもあるかもですが、今日見たレポーターはそこそこの年齢でした。
(そう見えただけで実は若いかも)
外国にいると、水がよろしくないか合わないので髪がボロボロになるんですよ、
なのでそこにいる人で綺麗な人がいるとどうしても見てしまうのです。
自然な綺麗さ、、、憧れますーー。

アメリカ人みたいな、「ツヤを出してます!」的なものじゃなくて、
自然に、なかから1本1本につやがあって、それを本人は全面い出して髪の毛ばかりいじってる、
ではなくて、レポーターとしても立派にやるキャリア・ウーマンで、それでいて綺麗ってのが、、、

溜息だ・・・・。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク